英語海外美術館探索Touring Overseas Art Museums Through English

英語で海外の美術館のサイトを訪問します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

色目

色目
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
曖昧さ回避 「色目」のその他の用法については「色目 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

色目(いろめ)とは十二単などにおける色の組み合わせをいう。衣を表裏に重ねるもの、複数の衣を重ねるもの、経糸と緯糸の違いによるものなどがある。代表的なものは表裏に重ねるものでこれをとくに襲の色目(かさねのいろめ)という。

平安時代中期には確立しており、源氏物語や枕草子に言及が見られる。色目は季節毎に分類され、用いる時期もほぼ季節に対応する。通年用いる事が可能な通季のものもある。色目の名は多く季節の風物にちなみ、紅梅、桜、山吹、朽葉、松などの植物名、玉虫色などの昆虫名、氷、初雪などの地象などによる他、白襲、赤色などの色名、枯野など景物にちなむものがある。

大抵は2色から3色の組み合わせを用いている。表裏2色の組み合わせが多く、同じ色の組み合わせでも表と裏のどちらに用いるかで名称が異なる。たとえば春の柳襲は表が白、裏が萌黄であるが、表が萌黄、裏が白のものは木賊襲といい、通年用いる。また同じ組み合わせを季節によって違う名で呼ぶこともある。たとえば春の柳襲と夏の卯の花襲はともに表が白、裏が萌黄となる。

色目の名と実際の組み合わせの対応は、有職故実のひとつであり、江戸期にかけて整理された。有職故実家によって若干組み合わせが異なるものがある。

現代の衣服などの着こなしに於いても参考にされる事が多い。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%B2%E7%9B%AE

十二単
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
曖昧さ回避 この項目では、女性貴族用の正装について記述しています。植物のジュウニヒトエについては「キランソウ属」を、女性ブラスロックバンドについては「12.ヒトエ」をご覧ください。
大正13年(1924年)、十二単を着用した皇太子妃・良子女王(後の香淳皇后)
十二単(京都御所にて)

十二単(じゅうにひとえ)は、平安時代の10世紀から始まる女性貴族用の正装。平安装束のひとつ。
目次
[非表示]

* 1 概要
* 2 直衣と十二単
* 3 「かさね」(襲と重ね)
* 4 関連項目
* 5 脚注
* 6 外部リンク

概要 [編集]

正式名は五衣唐衣裳(いつつぎぬ、からぎぬ、も)、または女房装束(にょうぼうしょうぞく)という。実際は12枚衣を重ねるわけではないため俗語であるが、一般的にこちらの名称で呼ばれることが多い。「十二単」という言葉が書物に初めて現れたのは、『源平盛衰記』であり、建礼門院入水の段で「弥生の末の事なれば、藤がさねの十二単の御衣を召され」と書かれている。
直衣と十二単 [編集]

男性用装束の種類の一つである「直衣」は、もともと「ただの衣」(平常着)という意味であり、女性の「直衣」に当たるのが「十二単」であった。

女性の「束帯」に当たる装束として「物具装束」[1]が平安後期まで存在したが、女性が公儀の場に出るのを嫌う風潮もあって、着用される機会が減り廃れた。しかし、近年、風俗博物館により、諸史料から復元が行われた。

十二単は20kg程あり、春用、夏用、秋用、冬用があったとされる。
「かさね」(襲と重ね) [編集]

袿の上下に重ねることを「襲(かさね)」といい、その色の取り合わせを襲の色目という。一方、袷の表地と裏地で色を違えることは「重ね(かさね)」といい、下につけた衣の色がすかして上に映るところに見所がある。

襲は袖口・裾などに衣がすこしずつ覗き、十二単の着こなしの工夫が多くなされたところでもある。『栄華物語』には当時の女房が工夫を凝らしたさまが詳述されている。ある女房は襲に凝り、通常よりも多くの衣を重ねたが衣の重さのために歩けなくなったとある。このように平安時代は袿の枚数に定めがなかったが、室町時代には5枚となり、五衣と呼ばれるようになった。

重ねの色目には裏と表の取り合わせで固有の呼び名があり、春夏秋冬に分類されていた。古典でしばしば言及される代表的な重ねとして、服喪の際の青鈍(あをにび。表裏とも濃い縹色)、春の紅梅(表は紅、裏は紫または蘇芳)などがある。

襲も同様で、色の重ね方に決まりがあり、それぞれに固有の呼び名があった。ただし、重ねと襲には同じ名称のものもあるため、古典研究の際の混乱の元にもなっている。

十二単では季節ごとに対応する色目の襲を着用したが、通年使われるものもあった。また弔事にも決まった色目が使われた。また天皇妃が出産する際には、妃はもちろん、その世話をする女房も白づくめの十二単をまとう慣例になっていた(『紫式部日記』)。
関連項目 [編集]
ウィキメディア・コモンズ
ウィキメディア・コモンズには、十二単に関連するカテゴリがあります。

* 色目 - 色目の説明
* かさねの色目 - 平安朝最末期の資料より五衣の配色一覧
* 日本の色の一覧

脚注 [編集]

1. ^ 「十二単」に比礼(ひれ。長細いスカーフのような物)、桾帯(くんたい、長い布で作られたベルト)、宝冠(ほうかん)を追加、奈良時代の感じを残す。

外部リンク [編集]

* 風俗博物館

執筆の途中です この「十二単」は日本の文化に関する書きかけ項目です。この項目にさらなる加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています(ポータル 日本/ウィキプロジェクト 日本文化)。
「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%8D%98」より作成
カテゴリ: 和服 | 宮廷・公家装束
スポンサーサイト

別窓 | kimono(和服) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<平安装束 | 英語海外美術館探索Touring Overseas Art Museums Through English | 不思議の国のアリスの注>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 英語海外美術館探索Touring Overseas Art Museums Through English |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。