英語海外美術館探索Touring Overseas Art Museums Through English

英語で海外の美術館のサイトを訪問します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール

モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール(Maurice Quentin de La Tour, 1704年 - 1788年)は、フランスのロココ期の画家。パステルを使った肖像画家として有名で、国王はじめ、宮廷人、知識人などを描いた。「ポンパドゥール侯爵夫人の肖像」は代表作のひとつ。

フランス北部エーヌ県のサン=カンタンの出身であったが、若くしてパリに出、当時パリで流行していたイタリアの女流画家カリエーラのパステル画に魅了され、数々の名作を残した。

代表作 [編集]
ポンパドゥール夫人(1755年、ルーヴル美術館所蔵)

432px-Pompadour6.jpg

* ポンパドゥール侯爵夫人の肖像(ルーブル美術館所蔵)
スポンサーサイト

別窓 | Western painting | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン | 英語海外美術館探索Touring Overseas Art Museums Through English | 金曜5限英語3の担当について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 英語海外美術館探索Touring Overseas Art Museums Through English |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。