英語海外美術館探索Touring Overseas Art Museums Through English

英語で海外の美術館のサイトを訪問します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

和服

和服
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
Split-arrows.svg
この項目は、記事の一部を「日本服飾史」に分割することが提案されています。
議論は「ノート:和服」を参照してください。なお、分割作業を行う際には履歴不継承にならないように注意してください。
このタグは2009年7月10日に貼付されました。
京都・祇園にて
和服を着たジミー・ウェールズ (2007年 京都市にて)
和服の一種である浴衣

和服(わふく)とは、日本在来の衣服のこと。狭義の着物と同義(詳細は後述)。近年では日本における民族服ともされる。
目次
[非表示]

* 1 和服・着物・呉服の意味
* 2 歴史
o 2.1 縄文時代・弥生時代
o 2.2 古墳時代・飛鳥時代
o 2.3 奈良時代
o 2.4 平安時代
o 2.5 鎌倉・室町時代
o 2.6 江戸時代前期
o 2.7 江戸時代後期
o 2.8 明治・大正時代
o 2.9 昭和 1945年の終戦まで
o 2.10 昭和 1945年の終戦後
o 2.11 平成
* 3 和服の特徴
o 3.1 体型を隠す和服
* 4 和服の構造
o 4.1 長着を構成する部品(見頃と衽)
o 4.2 長着を構成する部品(襟・衿)
o 4.3 長着を構成する部品(袖)
o 4.4 長着の穴の名称
o 4.5 和服の一部分を指す名称
o 4.6 和服の寸法において基準となる位置
o 4.7 和服の寸法における長さの名称
o 4.8 和服の部品の模式図
+ 4.8.1 反物の模式図
+ 4.8.2 裁断の方法(裁ち方)
+ 4.8.3 和服の部品の組み合わせかたの概観(部品の番号は裁断の方法と同じ)
o 4.9 和服の肩幅と袖幅
* 5 和服の種類
* 6 女性用の和服
o 6.1 女性用の正装の和服
o 6.2 女性用の正装の和服を選ぶ基準
o 6.3 女性用の普段着の和服
* 7 男性用の和服
o 7.1 男性用の正装の和服
o 7.2 男性用の普段着の和服
* 8 着付け
o 8.1 和服は右前
o 8.2 右前にする理由
o 8.3 着付けの準備
o 8.4 着付けの順番
+ 8.4.1 長襦袢
+ 8.4.2 着物
+ 8.4.3 帯
o 8.5 男性
o 8.6 子供
* 9 紋
* 10 和裁(和服裁縫)
* 11 和服の畳み方
* 12 和服の洗濯の方法
* 13 衣服の様式を表す言葉
o 13.1 袖があるかないか
o 13.2 小袖か広袖(大袖)か
+ 13.2.1 平安時代の公家の肌着としての小袖
o 13.3 袖の長さ
o 13.4 袖の形状
o 13.5 袂を身頃につなげるかつなげないか
o 13.6 八つ口の有無
o 13.7 盤領か方領か
o 13.8 開襟かどうか
o 13.9 衽の有無
o 13.10 上半身を覆う服の裾が、下半身を覆う服に隠れるか、表面に現れるか
o 13.11 身丈の長さ
o 13.12 布が何枚重なっているか
* 14 和服の普及率の衰退
* 15 現在も和服が主流の分野
* 16 19世紀以前の和服の特徴を表す言葉
o 16.1 注意
o 16.2 用語集
* 17 種類
* 18 付属品
* 19 脚注
* 20 関連項目
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E6%9C%8D
スポンサーサイト
別窓 | kimono(和服) | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

平安装束

平安装束
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

平安装束(へいあんしょうぞく)は、平安時代の皇族・貴族の衣服。
目次
[非表示]

* 1 概要
* 2 考証による復元
* 3 現代における人気
* 4 男性の装束
* 5 女性の装束
* 6 少年少女の装束
* 7 神職・巫女・稚児装束
* 8 平安装束が見られる祭り、イベント、等
* 9 参考文献
* 10 外部リンク

概要 [編集]

平安時代の日本の衣服については、『源氏物語絵巻』、『年中行事絵巻』、『伴大納言絵詞』などの絵巻物に描かれた人物像が重要な資料である。『日本後紀』、『続日本後紀』、『日本三代実録』、『日本紀略』、そして物語・日記などの書物も当時を知る資料である。しかし、平安時代の衣服は現在もわからないことが多い。これは衣服の原材料である絹・麻などの繊維は金属・木材に比べて極めて時間経過による劣化が激しく、時代を超えて残ることがほとんどないためである。

平安時代も中期までは服装について奈良時代と大きく違うことはなかったが、菅原道真によって遣唐使が廃止された以降、あらゆる文化の側面に於いて中国大陸の文化の影響を離れた日本独自の国風文化が盛んになった。国風文化は衣服にも現れ、特に形状に於いて大振りなものとなった。織模様(紋) や染色技術の進展によって色彩に多様性が生まれ、朝廷における儀式行事に用いられることによって貴族の衣服は文化的な向上を見せた。また、大振りとなった装束に張りを持たせるため、強く糊を張った「強装束」または「剛装束」(どちらも「こわしょうぞく」)と呼ばれる着装法の登場によって、装束の形状変化は一定の終着に至った。

平安期に登場した装束はそれ以降も朝廷・幕府等の儀礼に用いられ、着装法や着装する儀式と装束の相関に様々な時代的変化を経たものの、形状等の基礎的な部分に於いては現代に至っても通底している。
考証による復元 [編集]

現在、平安時代以前の衣服と比べれば、平安時代の衣服のほうが、より詳しくわかっている。しかし、現在の専門家が考証する場合であっても、平安時代の衣服を復元する試みにおいては、推定により作っている部分が多い。現在、京都府京都市下京区に、風俗博物館があり、そこでは平安時代の日本の衣服を中心に、考証により復元された服が展示されている。現代において、『源氏物語』をもとにして大衆向けの娯楽作品を制作する人や、『源氏物語』または『源氏物語』をもとにして作られた作品を愛好する人たちが少なくない。このため、専門家でない人たちが平安時代の衣服を「復元」して不特定多数に公開することがある。しかし、そのような衣服は専門家から見れば間違いだらけのことも多い。
現代における人気 [編集]

現代においては、平安時代に由来する、叉は平安時代を復元した祭りの時代行列、曲水の宴等、デパート、和服の業界団体や着付け教室主催の各種行事、等で見られる場合が多い。
男性の装束 [編集]
昭和3年11月、即位の礼の昭和天皇

礼服
明治天皇即位まで即位式に用いられた中国風の豪奢な装束。
文官束帯
文官の装束。天皇、文官、三位以上の武官が着用。構成は内側から、小袖(こそで)、大口袴(おおぐちばかま)、単(ひとえ)、表袴(うえのはかま)、下襲(したがさね)、裾(きょ)、縫腋袍(ほうえきのほう)、石帯(せきたい)。下襲の上に半臂(はんぴ)を着用することになっていたが、冬期は着なくても良い(バレない)こととなり、後に廃された。下襲の下に衵(あこめ)を着用していたが、明治以降皇族以外は着用しないこととなった。身分が高いほど裾が長い。中務省の官人、参議以上の官職にある者は勅許を得て大刀を佩用する。
武官束帯
武官の装束。四位以下の武官が着用。なお、三位以上の武官は文官と同じ装束であり、従って黒色の武官束帯を着用していると自動的に四位の武官であると判別できる。構成は内側から、小袖(こそで)、大口袴(おおぐちばかま)、表袴(うえのはかま)、単(ひとえ)、半臂(はんぴ)、下襲(したがさね)、闕腋袍(けってきのほう)、石帯(せきたい)。文官の縫腋の袍と違い闕腋の袍は脇が開いているため、半臂を略することができない。裾は下襲や袍と一体になっている。大刀を平緒で腰に結びつけて佩用する。
衣冠
男性の略礼装。元々は宮中に於ける宿直用の装束であったが、後に儀礼服化した。構成は内側から、小袖(こそで)、単(ひとえ)、指貫(さしぬき)、下襲(したがさね)、縫腋の袍(ほうえきのほう)。
直衣
狩衣
水干
狩衣と、ほぼ同じ形であるが、襟を止めるための長い紐が付いてる点と菊綴が2個ずつ4ヶ所に付いてる点が異なる。着方も、裾を袴の中に入れる場合と入れない場合、襟を狩衣と同様にする場合とV字型にする場合がある。

女性の装束 [編集]

礼服
即位式の際、式に出席する女官が着用。
唐衣裳装束
十二単と通称され、現在では最高の女性の装束とされる。構成は内側から、小袖(こそで)、長袴(ながばかま)、単(ひとえ)、五衣(いつつぎぬ)、打衣(うちぎぬ)、表衣(うわぎ)、唐衣(からぎぬ)、裳(も)。物具装束(もののぐしょうぞく、平安末期までの正装)では上記に比礼(ひれ)、桾帯(くんたい)を追加、髪の毛を結い上げ、宝冠(ほうかん)を追加、奈良時代の風俗を残す。小袖の色は常に白、袴は捻襠(ねじまち)仕立てで、色は平安時代には未既婚にかかわらず常に緋とされたが江戸時代以降は未婚者は濃紫(こき)、既婚者は緋とされた。
袿袴
袿を参照。
采女装束
水干
男性の水干と同様であるが必ず白になる。裾を緋の長袴(唐衣裳装束と共通)の中に入れ、金の烏帽子を被る。

少年少女の装束 [編集]

半尻
狩衣の少年版。後身頃が尻の半分くらいまでであることが名前の由来。
水干
男性の水干と同様であるが菊綴が5ヶ所となり、背中の菊綴が両肩に付く点が異なる。また、袴にも菊綴が付く。
細長
現行の細長は袿に似てるが衽(おくみ)がない点が異なる(その下の単には衽がある)。小袖、袴、単、共に濃紫になる。細長の袍(闕腋(けってき)の袍の少年版、袴は表袴)を指す場合もある。
汗衫
本来は下着のこと。現在は絽、紗、等の薄物で単と同様に仕立てた袿の一種。小袖と袴は共に濃紫になるが単は汗衫と共に明るい華やかな色彩になる。薄物で仕立てた細長の袍を指す場合もある。
袙袴
袙を参照。

神職・巫女・稚児装束 [編集]

明治以降国家によって祭祀制度が整えられていく際、神職の服制に関して衣冠・狩衣を用いるよう制度化された。

* 男性神職装束:大祭式に衣冠、中祭式に斎服(白色の衣冠)、小祭式・その他の雑祭については狩衣或いは浄衣を用いる。
→神職
* 女性神職装束
* 神楽装束:浦安の舞の装束が、唐衣裳姿を参考に製作された。
* 巫女装束:白小袖(白衣)に緋袴を履く点で平安装束の延長線にあると考えられる。
* 稚児装束

平安装束が見られる祭り、イベント、等 [編集]

※雛祭り・曲水の宴・時代行列も参照

* 北海道
* 東北
* 北関東
o 3月上旬:石段ひなまつり(群馬県渋川市)
* 南関東
o 6月中旬:山王祭/日枝神社(東京都千代田区)
* 中部
* 京都府
o 1月3日:かるた始め式/八坂神社(京都市東山区)
o 5月15日:葵祭/下鴨神社、上賀茂神社(京都市左京区・北区)
o 5月上旬:三船祭/車折神社(京都市右京区)
o 9月下旬:斎宮行列/野宮神社(京都市右京区)
o 10月22日:時代祭/平安神宮(京都市左京区)
* 近畿(京都府を除く)
o 3月下旬:あいの土山斎王群行(滋賀県甲賀市)
o 6月上旬:斎王まつり(三重県明和町)
o 6月下旬吉日:天神祭/大阪天満宮(大阪府大阪市)
* 中国
* 四国
* 九州

参考文献 [編集]

* 素晴らしい装束の世界―いまに生きる千年のファッション(八條忠基、誠文堂新光社)
* 十二単のはなし―現代の皇室の装い(仙石宗久、婦女界出版社)
* 十二単から現代のきものへ(中路信義、源流社)
* 時代衣裳の着つけ 増補改訂―水干・汗衫・壺装束・打掛・束帯・十二単(日本和装教育協会、源流社)

外部リンク [編集]

* 風俗博物館
* 平安装束体験所 -束帯や狩衣、十二単などの装束の着装体験ができる。

執筆の途中です この「平安装束」は日本の文化に関する書きかけ項目です。この項目にさらなる加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています(ポータル 日本/ウィキプロジェクト 日本文化)。
「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%AE%89%E8%A3%85%E6%9D%9F」より作成
カテゴリ: 和服 | 宮廷・公家装束 | 平安時代の文化
別窓 | kimono(和服) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

色目

色目
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
曖昧さ回避 「色目」のその他の用法については「色目 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

色目(いろめ)とは十二単などにおける色の組み合わせをいう。衣を表裏に重ねるもの、複数の衣を重ねるもの、経糸と緯糸の違いによるものなどがある。代表的なものは表裏に重ねるものでこれをとくに襲の色目(かさねのいろめ)という。

平安時代中期には確立しており、源氏物語や枕草子に言及が見られる。色目は季節毎に分類され、用いる時期もほぼ季節に対応する。通年用いる事が可能な通季のものもある。色目の名は多く季節の風物にちなみ、紅梅、桜、山吹、朽葉、松などの植物名、玉虫色などの昆虫名、氷、初雪などの地象などによる他、白襲、赤色などの色名、枯野など景物にちなむものがある。

大抵は2色から3色の組み合わせを用いている。表裏2色の組み合わせが多く、同じ色の組み合わせでも表と裏のどちらに用いるかで名称が異なる。たとえば春の柳襲は表が白、裏が萌黄であるが、表が萌黄、裏が白のものは木賊襲といい、通年用いる。また同じ組み合わせを季節によって違う名で呼ぶこともある。たとえば春の柳襲と夏の卯の花襲はともに表が白、裏が萌黄となる。

色目の名と実際の組み合わせの対応は、有職故実のひとつであり、江戸期にかけて整理された。有職故実家によって若干組み合わせが異なるものがある。

現代の衣服などの着こなしに於いても参考にされる事が多い。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%B2%E7%9B%AE

十二単
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
曖昧さ回避 この項目では、女性貴族用の正装について記述しています。植物のジュウニヒトエについては「キランソウ属」を、女性ブラスロックバンドについては「12.ヒトエ」をご覧ください。
大正13年(1924年)、十二単を着用した皇太子妃・良子女王(後の香淳皇后)
十二単(京都御所にて)

十二単(じゅうにひとえ)は、平安時代の10世紀から始まる女性貴族用の正装。平安装束のひとつ。
目次
[非表示]

* 1 概要
* 2 直衣と十二単
* 3 「かさね」(襲と重ね)
* 4 関連項目
* 5 脚注
* 6 外部リンク

概要 [編集]

正式名は五衣唐衣裳(いつつぎぬ、からぎぬ、も)、または女房装束(にょうぼうしょうぞく)という。実際は12枚衣を重ねるわけではないため俗語であるが、一般的にこちらの名称で呼ばれることが多い。「十二単」という言葉が書物に初めて現れたのは、『源平盛衰記』であり、建礼門院入水の段で「弥生の末の事なれば、藤がさねの十二単の御衣を召され」と書かれている。
直衣と十二単 [編集]

男性用装束の種類の一つである「直衣」は、もともと「ただの衣」(平常着)という意味であり、女性の「直衣」に当たるのが「十二単」であった。

女性の「束帯」に当たる装束として「物具装束」[1]が平安後期まで存在したが、女性が公儀の場に出るのを嫌う風潮もあって、着用される機会が減り廃れた。しかし、近年、風俗博物館により、諸史料から復元が行われた。

十二単は20kg程あり、春用、夏用、秋用、冬用があったとされる。
「かさね」(襲と重ね) [編集]

袿の上下に重ねることを「襲(かさね)」といい、その色の取り合わせを襲の色目という。一方、袷の表地と裏地で色を違えることは「重ね(かさね)」といい、下につけた衣の色がすかして上に映るところに見所がある。

襲は袖口・裾などに衣がすこしずつ覗き、十二単の着こなしの工夫が多くなされたところでもある。『栄華物語』には当時の女房が工夫を凝らしたさまが詳述されている。ある女房は襲に凝り、通常よりも多くの衣を重ねたが衣の重さのために歩けなくなったとある。このように平安時代は袿の枚数に定めがなかったが、室町時代には5枚となり、五衣と呼ばれるようになった。

重ねの色目には裏と表の取り合わせで固有の呼び名があり、春夏秋冬に分類されていた。古典でしばしば言及される代表的な重ねとして、服喪の際の青鈍(あをにび。表裏とも濃い縹色)、春の紅梅(表は紅、裏は紫または蘇芳)などがある。

襲も同様で、色の重ね方に決まりがあり、それぞれに固有の呼び名があった。ただし、重ねと襲には同じ名称のものもあるため、古典研究の際の混乱の元にもなっている。

十二単では季節ごとに対応する色目の襲を着用したが、通年使われるものもあった。また弔事にも決まった色目が使われた。また天皇妃が出産する際には、妃はもちろん、その世話をする女房も白づくめの十二単をまとう慣例になっていた(『紫式部日記』)。
関連項目 [編集]
ウィキメディア・コモンズ
ウィキメディア・コモンズには、十二単に関連するカテゴリがあります。

* 色目 - 色目の説明
* かさねの色目 - 平安朝最末期の資料より五衣の配色一覧
* 日本の色の一覧

脚注 [編集]

1. ^ 「十二単」に比礼(ひれ。長細いスカーフのような物)、桾帯(くんたい、長い布で作られたベルト)、宝冠(ほうかん)を追加、奈良時代の感じを残す。

外部リンク [編集]

* 風俗博物館

執筆の途中です この「十二単」は日本の文化に関する書きかけ項目です。この項目にさらなる加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています(ポータル 日本/ウィキプロジェクト 日本文化)。
「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%8D%98」より作成
カテゴリ: 和服 | 宮廷・公家装束

別窓 | kimono(和服) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Kimono

Kimono
From Wikipedia, the free encyclopedia

Uchikake.jpg

A traditional red Uchikake kimono with cranes

406px-Kimono_lady_at_Gion,_Kyoto

京都・祇園にて

The kimono (着物?)[1] is a Japanese traditional garment worn by women, men and children. The word "kimono", which literally means a "thing to wear" (ki "wear" and mono "thing"),[2] has come to denote these full-length robes. The standard plural of the word kimono in English is kimonos,[3] but the unmarked Japanese plural kimono is also sometimes used.

Kimonos are T-shaped, straight-lined robes worn so that the hem falls to the ankle, with attached collars and long, wide sleeves. Kimonos are wrapped around the body, always with the left side over the right (except when dressing the dead for burial),[4] and secured by a sash called an obi, which is tied at the back. Kimonos are generally worn with traditional footwear (especially zōri or geta) and split-toe socks (tabi).[5]

Today, kimonos are most often worn by women, and on special occasions. Traditionally, unmarried women wore a style of kimono called furisode,[5] with almost floor-length sleeves, on special occasions. A few older women and even fewer men still wear the kimono on a daily basis. Men wear the kimono most often at weddings, tea ceremonies, and other very special or very formal occasions. Professional sumo wrestlers are often seen in the kimono because they are required to wear traditional Japanese dress whenever appearing in public.[6]

Geisha-fullheight.jpg

Women dressed as maiko (apprentice geisha), wearing specially tailored "maiko-style" furisode kimonos with tucks in sleeves and at shoulders
http://en.wikipedia.org/wiki/Kimono



Kosode
From Wikipedia, the free encyclopedia

Oichinokata.jpg

Oichi wearing a Kosode and uchikake wrapped around the waist.
The kosode (小袖) is a basic Japanese robe for both men and women. Worn as both an undergarment and overgarment, it is what most people imagine when using the much broader term kimono. The literal meaning of the term kosode is "small sleeve," which refers to the sleeve opening.


Kosode are T-shaped, have a looser fit than the Kimono and come in varying lengths. Kosode are worn with an obi (sash), that is considerably smaller than that of the modern Kimono. Often worn with hakama (pleated, divided skirt) for men or nagabakama (very long hakama) for women, as in the case of the Miko.

Kosode evolved at some point in the late 14th century and replaced the many layered, unlined hirosodes. Over time kosode gradually developed into a wide variety of styles, with patterns and fabrics.
http://en.wikipedia.org/wiki/Kosode
別窓 | kimono(和服) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 英語海外美術館探索Touring Overseas Art Museums Through English |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。